ナットウキナーゼを飲むタイミング

ナットウキナーゼを飲むタイミング

納豆に含まれる特有の酵素であるナットウキナーゼ、血液の状態を改善する高い働きがあるため納豆を食べたりサプリメントを飲んだりして意識的に摂取している方も多いかと思います。このナットウキナーゼ、飲むのに適した時間帯などはあるのでしょうか?

 

ナットウキナーゼはよく「血液をサラサラにする」などと言われます。過剰な血液の凝固性を正常化し、血栓の発生率を下げちょっとしたことで血栓が作られないようにします。

 

そのため、血栓ができやすい時間帯の前に飲んでおくと、より大病の予防に効果的と言えます。生活習慣に依らず血栓が発生しやすい時間帯と言えば何と言っても睡眠中です。睡眠中は長時間水分を補給できないため血液中の水分も失われ、ドロドロになりがちで血栓も非常にできやすいのです。

 

心筋梗塞等の血栓を原因とした病気の発作もやはり睡眠時が多く、血液がドロドロな人はより睡眠時におけるリスクが高いと言えます。そのため、夕食に納豆を取り入れたり睡眠前にサプリメントを飲むなどして、睡眠前にナットウキナーゼを摂取するようにすると、病気の予防に非常に効果的なのです。

 

もちろん、血栓の予防には複数の取り組みが重要です。水分補給をまめに行うことや中性脂肪を減らすための有酸素運動、中性脂肪の吸収を抑える食物繊維の摂取などを可能な限り行い、その上で適切なタイミングでナットウキナーゼの摂取を行うとより万全ですので、全て日常的に行えるよう意識してみましょう。


このページの先頭へ戻る