ナットウキナーゼがエコノミー症候群に効く!

ナットウキナーゼがエコノミー症候群に効く!

ナットウキナーゼの健康効果は日々研究が続けられており、様々な病気の予防効果が発見されています。

 

ナットウキナーゼの基礎的な効果としては血液の凝固性を適切に保ち血栓の発生を予防するというもので、心筋梗塞や脳梗塞など血栓が血管に詰まることによって発生する病気に高い効果を発揮します。そして最近はエコノミークラス症候群の発症を予防するために非常に効果的であると言うことが判明しています。

 

エコノミークラス症候群とは飛行機のエコノミークラスのような、狭い場所で足や腰を曲げた状態を長時間強いられる環境で発生する症状です。エコノミークラス症候群という名前ですが、飛行機以外でも車などでも発生しうるものです。

 

長時間同じ姿勢で椅子に座り続けることで圧迫を受けている足の面や曲げている関節付近の血液が鬱滞し、水分が減って血栓が発生しやすくなります。そしてついに血栓が発生し血管に詰まってしまうとエコノミークラス症候群となってしまうわけです。

 

エコノミークラス症候群は体を長時間動かせないことに起因するため、各航空会社でも対策を講じていますが、飛行機内ではどうしても体を自由に動かせるわけではありません。

 

そこであらかじめナットウキナーゼを摂取しておき血栓を発生しにくい状態にしておくことで、エコノミークラス症候群の発症率を大幅に下げることができるのです。

 

欧米型の食生活を送っている人ほど危険ですから、納豆を中心とした和食に切り替えエコノミークラス症候群の予防を行うのはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る