ナットウキナーゼの教科書

ナットウキナーゼサプリメント

 

ナットウキナーゼの魅力


納豆菌が生成する酵素であり、納豆に特有の栄養素であるナットウキナーゼ。現代人にとって非常に重要な働きを行うこの酵素は今注目を集めており、研究も進められています。

 

ナットウキナーゼだけを抽出しサプリメントも実用化されており、ナットウキナーゼ摂取における多くの人のハードルを下げたとして歓迎されています。

 

ナットウキナーゼを含む食品は納豆のみですので、従来ではナットウキナーゼを摂取するために納豆を食べる必要がありました。

 

しかしどうしてもあの風味が苦手だという人は少なからずいたものですし、また納豆に豊富に含まれるビタミンKは抗血液凝固薬などを飲んでいる人にとっては禁忌であり、またプリン体が多めの事から痛風患者にもあまり勧められません。

 

そこで納豆からナットウキナーゼサプリに期待が集まっていたのです。

 

ナットウキナーゼの最も重要な働きは、血栓溶解作用です。血液が固まりやすい状態、いわゆる血液ドロドロ状態ですとちょっとしたことですぐに血栓が発生してしまい、それがどこか血管内に詰まると重大な症状を発生させます。

 

特に高血圧の方などは血管壁に高い圧力がかかっており、血管壁がこすれて崩れることで発生するカスが血栓の元となるため、リスクが高いのです。

 

そこでナットウキナーゼを摂取することで血液を固まりにくくし、血栓の発生を予防することで心筋梗塞や脳梗塞などの重大な虚血性疾患を予防することができます。

アトピーの改善にマヌカハニーはどう?

アトピーというのはまだ完全に原因が解明されているわけではありませんし、色々な原因が考えられます。そのアトピー性皮膚炎を発症してしまっている人の中には、抗生物質を処方してもらって普段から服用している人もいると思います。ですが、抗生物質も薬ですから副作用の心配を常に感じている人も多いのではないでしょうか?

 

そのアトピー性皮膚炎に対して、マヌカハニーには改善作用があるといわれています。アトピー性皮膚炎というのは、黄色ブドウ球菌が原因になっていることが多いのですが、この黄色ブドウ球菌に対しても殺菌作用をもたらしてくれます。アトピー性皮膚炎の患部に塗ろうと考えているのであれば、マヌカハニー以外にもマヌカオイルを利用するのもいいでしょう。そのほか、アトピーに良いサプリもおすすめです。

 

ちなみにマヌカハニーは食品ですので、口にしても大丈夫です。マヌカハニーを食べることによって、内側からアトピーに対して効果をもたらすことも期待できます。

 

マヌカハニーは、料理として食べることも出来るようになっていますし、ホットミルクのような飲み物に入れてから飲んでも大丈夫です。ですので、自分がやりやすい方法で食べたり飲んだりするといいでしょう。

 

一般的なハチミツと比べるとマヌカハニーのほうが抗菌作用が高くなっています。例えば、胃の中にいるピロリ菌の殺菌をしたりすることが出来るのです。

 

マヌカハニーを食べることによって、胃や腸の状態を改善しやすくすることができるようになりますし、便秘などのような症状に悩んでいる人にもお勧めです。

 

さらにハチミツと比べてもマヌカハニーのほうが抗炎症作用が高くなっているという特徴もあります。にきびやアトピー性皮膚炎などによって炎症が起きてしまったとき、肌トラブルになっている箇所に塗るというのも良いのですが、食べて体質を少しずつ改善させるようにしてもいいでしょう。

 

アトピーの改善をしていきたいのでしたら、マヌカハニーの中でも品質のいいものを選びましょう。UMFなどの数値が高くなっているほうが抗菌力もそれだけ高くなります。ただ、数値に比例して値段も高くなりますので、予算内で選ぶようにすることも大切でしょう。

 

マヌカハニーというのは、継続して食べたりするほうが間違いなくいいですので、長期的に続けられるくらいの値段の商品を選ぶようにしてください。

更新履歴


このページの先頭へ戻る